医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2019/05/16
将来時点の必要医師数

 厚生労働省 第28回医師需給分科会では、診療科ごとの将来必要な医師数の見通し(たたき台)が参考資料として示され、当該資料は同省サイト内で公表されています。

 これによれば、2016年時点で医師数が必要医師数を超過しているのは、次の4診療科でした。

  • 皮膚科
  • 精神科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科


 2036年時点では上記に次の4診療科が加わっています。

  • 小児科
  • 産婦人科
  • 放射線科
  • 形成外科

 一方で、医師不足が深刻と考えられる診療科に注目すると、日本の人口の3分の1が高齢者となるといわれている2030年の時点において、次の診療科においてそれぞれ次の不足数が試算されていました。

  • 内科…16,226人
  • 外科…5,520人
  • 整形外科…2,650人
  • 脳神経外科…2,457人


 都道府県別及び医師圏別の資料では、2036年時点における不足医師数の推計も掲載されています。以下の資料をご参照ください。


厚生労働省 第28回医師需給分科会
参考資料「将来時点の必要医師数及び地域枠等必要数」PDF


参考:
厚生労働省「医療従事者の需給に関する検討会 医師需給分科会(第28回)


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

CONTACT

ブルーローズ社会保険労務士事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内
2-14-4 エグゼ丸の内9F
Tel:052-265-8970
Fax:052-265-8972